理学療法士と作業療法士

理学療法士は患者の運動能力を回復させ、日常生活をサポートする仕事として活躍しています。とても立派な仕事ですが、大きくくくって同じカテゴリーの中に、作業療法士という職業があります。名前も似ていますし、仕事の幅もかぶるところがあるためか、よく同じと間違われることも。いったいどんな仕事なのでしょうか。違いを見ていきましょう。

大きなところでいえば、作業療法士は体だけでなく、精神面でもケアをすることが求められています。理学療法士はまさに身体のプロフェッショナルといったところで、これまでの知識や経験から、体の能力を回復できるように努めます。しかし作業療法士はもちろん、体のケアをおこなうこともありますが、心へのアプローチをすることが大きな業務の一つとなっているのです。たとえばけがをしたり病気になったりすると、体が動かないこともありますが、そのせいで心が弱ってしまったり、つらくなってしまうこともあるでしょう。そんなときに、心のケアを一緒にすることで、前向きにリハビリを受けられるようになったり、ストレスを軽減したりするようなこともできます。

また、起きる、歩くなどの根本的な運動回復を目的とする理学療法士に対して、作業療法士は心のケアもあるために、手先で工作をするなどといった、趣味の部分を使ってリハビリをおこなうことが多いとされています。