どんなところで働いているの?

理学療法士の仕事は、体が不自由な方や高齢の方の運動能力をできるだけもとにもどせるようにサポートすることです。だからこそ、そんな彼らの仕事はさまざまなところにあります。いちばんに思い浮かべるのは、病院ではないでしょうか。事故や病気で運動能力が低下してしまっている、体がうまく動かなくなってしまっている方は多いです。そんな彼らのサポートをすることが、彼らの役目といえるでしょう。

総合病院であればリハビリ施設を持っているところも多いですから、そうしたところでの役割が期待されています。病院であれば、整形外科に勤める方も多くいます。そのほかでいえば、介護施設や障害者施設なども、働き口が多いでしょう。ふだんの生活のサポートができるように、彼らの仕事が求められています。

また、体の能力を整える仕事であることから、スポーツ選手のケアをすることも。スポーツ関連の施設、たとえばフィットネスクラブや事務などでも活躍する理学療法士が増えています。そのほか、自分から患者の自宅に赴いてケアをしたり、個人の診療所を立ち上げて営業をしたり、彼らの働き口はじつに幅広くあります。同じ理学療法士といえど、一つにくくることはとても難しいといえるでしょう。