理学療法士とは?

医療や介護にまつわる仕事はじつに幅広くありますが、その中の一つに、理学療法士という仕事があります。主に運動にまつわる介護や補助をするのが業務となっており、体が不自由な人や高齢で身体が弱くなっている人などをサポートします。運動といっても、毎日生きていく中で基本となることを助けるのが彼らの仕事。たとえば寝ている姿勢から起き上がったり、立ち上がったり、反対に座ったり、あるいは歩いたりすることが難しい方に、リハビリ方法を提案し、運動能力を回復させるようにサポートするのです。

理学療法士の仕事はもちろん患者と向き合うことがとても大切とされますが、それ以外にも大切なのが、看護師や医師、介護士など、患者のまわりにいる医療や介護のプロフェッショナル達としっかりと連携して仕事をすることです。理学療法士が提案するリハビリは基本的に、日常生活で必要とされるもの。だからこそ、普段の生活の中でリハビリを取り入れたり、リハビリの成果をいかせていたりするか確認する必要があります。

だからこそ、彼らがいない間にもほかの医療スタッフたちや介護スタッフたちがリハビリを理解し、普段の生活でもサポートすることが重要なのです。このため、医師や看護師、介護スタッフにきちんとリハビリの意味や方法などを伝えておくことが大切になります。つまり、仕事はリハビリを提案するだけではなく、患者がきちんと運動能力を回復できるような環境づくりにも協力しておきたいところというわけです。


~理学療法士外部リンク~
理学療法士として働くには、学校へ通って勉強、そして資格を取得しなければなりません。大学や専門学校など様々ですが、カリキュラムや就職先などを見て決めるのも良いでしょう。こちらは最短3年間での資格取得を目指す昼間部と、4年制の夜間部が設けられている学校です > 理学療法士 学校